Dr Honma's Guest House

G.R.C.T Dr.Honma’s Rose Garden The Guiding Rose for the Cultivation of Talent  賛助会員募集

賛助会員 募集


Dr.Honmaの健康へのご提案 「良く手入れされた歯でしっかりと咀嚼し、バランスの良い食生活を心がけ、音楽や花、自然との触れ合いの時間を作り、心を癒し、適度なスポーツで体を動かす。」を実践するため、音楽や花・スポーツとの触れ合いを通じ、バラと共に才能ある音楽家・スポーツ選手を応援していく、心豊かな人達の会を作りました。現在Dr.Honma’s Rose Gardenでは、下記のクラシック音楽家やスポーツ選手を応援しています。皆様もどうぞ、バラを愛すると共に彼等の活動の支援を、一緒にしてゆきませんか。ご賛同頂ける方は、是非ご入会下さい。様々な特典もご用意させて頂きます。

<特典>

新賛助会員が多くなりました音楽家には、同サロンでのコンサート出演依頼を多くすると同時に、会員だけでのサロン コンサートやお食事会で、応援する音楽家との親睦を深める機会を設けます。また、Dr.Honma’s Rose Gardenでのイベント企画の際は、Dr.Honmaのゲストとして、ご案内をさせて頂きます。
新賛助会員に登録して頂きました方には、皆様が応援される音楽家の、Dr Honma’s Guest House&Rose garden コンサートサロンでの演奏会(毎年満席チケット入手困難)のご案内を、最優先にさせて頂くと共に、可能なかぎり良いお席を確保致します。
皆様から頂きました賛助会費は、応援希望者の音楽活動への支援、及びスポーツ活動への支援に使用させて頂きます。従いまして、自らが応援する音楽家やスポーツ選手の成長してゆく姿を身近に感じ、喜びを享受できるでしょう。
新賛助会員にご登録下さった方(先着300名)に、Dr Honmaの新刊書籍をプレゼントさせて頂きます。

<会費>

個人

新賛助会員3,000円
(年会費:指名1名2,000円+NPO法人活動費1,000円)

応援したい人が2名以上いる場合は、1名x2000円ずつ追加して下さい。
ご寄付も歓迎致します・・・1口 5,000円

法人

新賛助会費 10,000円 (年会費)

ご寄付も歓迎致します・・・1口 10,000円
ご寄付頂きました方には、領収証を送付させて頂きます。

G.R.C.T. News

Dr.Honmaは、現在 下記 若者の才能の育成に活動しています

小澤 真智子 (おざわ まちこ)

ヴァイオリン
東京生まれ。3歳よりピアノ、8歳よりヴァイオリンを学ぶ。14歳でコンチェルトデビュー、東京ニューシティオーケストラとイイノホールにて共演。東京芸術大学卒業後、ロンドン・ギルドホール音楽院にてアーティスト・ディプロマ、ニューヨーク・ジュリアード音楽院にて修士号取得。神奈川音楽コンクール鎌倉ヤングアーティストコンクール、サンハート・オーディション等、受賞歴多数。タングルウッド、アスペンをはじめとする海外の音楽祭に奨学生として参加。ヴァイオリンを清水高師、田中千香士、外山滋、和波孝禧、故frah Neaman、Lewis Kaplan、川崎雅夫の各氏に、室内楽をJonathan Feldman、Earl Carless、Eugene Becker、Joseph Kalichsteinの各氏に師事。
現在、ニューヨークにて活動中。時々帰国し、各地で演奏会を行っている。
http://www.machikonyc.com/ 最新トピックス

小野 哲也 (おの てつや)

ピアノ
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業後、同大学大学院を修了。 アメリカ合衆国インディアナ大学音楽学部にて故レナード・ホカンソン氏に3年間師事。 これまでに辛島輝治・播本枝未子・倉沢仁子の各氏に師事。 園田高弘賞ピアノコンクール第2位、やちよ音楽コンクール第1位、大垣音楽祭最優秀新人賞を受賞。現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校でピアノ非常勤講師。その他東京や神奈川の各地で指導に携わる。
定期的にソロリサイタルを開催する他、伴奏・室内楽奏者としても多くのコンサートに出演。オリジナル曲の作曲や、芝居と音楽のコラボレーション・ライヴに参加する等の活動を続けている。
最新トピックス

城戸 春子 (きど はるこ)

チェロ
水戸市出身。3歳より母の手ほどきでヴァイオリンを始め、その後10歳からチェロを始める。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学卒業、同大学院修了。98ー02年東京芸術大学で室内楽非常勤講師を勤める。02年より渡仏、セルジーポントワーズ卒業、オーヴェルビリエ音楽院のディプロマ取得し04年に帰国。札幌ジュニアチェロコンクール特別奨励賞、第24回茨城県新人賞受賞。室内楽では、ソリストコンテスト室内楽部門優秀賞、国際芸術連名新人推薦コンサート出演、東京室内楽コンクール入賞。ひたちなか市民オーケストラ、イ・ソリスティ・イバラキ、茨城交響楽団とのチェロコンチェルト饗宴、東京でのソロリサイタル、フランスパリ、水戸芸術館でのトリオコンサート、パブロカルテットの一員として毎夏にコンサートをするなどソロ、室内楽で活躍。これまでに月足脩二、故堀江泰氏、黒川正三、三木敬之、河野文昭、M.シュトロス、Y.マルコヴィッチ、F.ポーリー、F.ロリドンの各氏に、室内楽を岡山潔氏、アマデウスカルテットに師事。
現在、水戸第三高等学校音楽科非常勤講師。リマト室内楽団メンバー。
最新トピックス

渡邉 麻子 (わたなべ あさこ)

声楽
千葉県出身。聖ドミニコ学園卒業。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。 オペラでは「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリ-ジをStephen Elleryの指揮で歌いデビュー。 「フィガロの結婚」伯爵夫人、「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・アンナ、「シモン・ボッカネグラ」アメーリア等を演じるほか、ヴェルディやプッチーニなどのオペラを得意としている。市川市文化振興財団主催市川市新人演奏会をはじめとした数々の演奏会やサロンコンサート等に出演し日本歌曲やミュージカルナンバーまでレパートリーを広げている。また、2011年香港でチャリティコンサートに出演し成功を収めたほか、イタリア、サンジョヴァンニロトンドのパードレ・ピオ聖堂でビート・クレメンテの指揮によるトラエッタ作曲Miserereのソリストを務めるなど国内にとどまらず活動の幅を広げている。 第19回市川市新人演奏会最優秀賞受賞。藪西正道、高橋大海、島崎智子、ダニエラ・ロンギ各氏に師事。日本声楽アカデミー会員。
現在イタリア留学中。
http://asakow.exblog.jp/ 最新トピックス

近藤 和花 (こんどう あえか)

ピアノ
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学ピアノ科卒業。
日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。スイス・マスタープレイヤーズ国際音楽コンクールディプロマ賞受賞。フランス・ヨーロレジョン国際ピアノコンクール エクセレンス部門第2位。現地にて行われた入賞者コンサートで好評を博す。ポーランドで開催される「夏をショパンと共に」に参加、ヘッセ ブコフスカ氏に師事。ポーランド・ブスコズドゥルイにて演奏会に出演。また翌年にはポーランドにて、イエジ スリコフスキ氏に師事。ポーランド・グダンスクにてコンサートに出演。これまでに日本各地はもとより、フランス 、スイス、ポーランド、オーストリア 各地にて演奏。2005年、浜離宮朝日ホールの東京デビューリサイタルでは音楽月刊誌に、天性のセンスの良さ、素直で上品な演奏と評される。また、名器ベヒシュタイン(リストの晩年愛した名器と同モデル)での録音「125年の音を紡ぐ…Aeka Plays Chopin 」を同時リリース。2006年、ニューヨーク国際ピアノ音楽祭にスカラシップを得て参加。2007年、同音楽祭連続参加。夏には軽井沢 ルヴァン美術館にて「近藤和花ピアノコンサート・高原に響くピアノ」を行う。また秋には、オーストリア バートイシューのハプスブルグ家 別邸 カイザー ヴィラにてハプスブルグ家ご家族とご友人達に囲まれてのサロンコンサートに出演する栄誉を頂いた。2008年、第2回浜離宮朝日ホールでのリサイタルを開催。夏にはフランス・クールシュベール音楽祭に参加し演奏会に出演。2009年、第3回浜離宮朝日ホールリサイタルは非常に高い評価を得た。ベヒシュタインでの2枚目のCD「べヒシュタインへのオマージュ」をリリース。また2010年にはパリにて、ヴィクトリア メルキ氏に師事。その他、軽井沢、千葉、神戸、山形各地でコンサートのほか、毎年Dr.Honma’s Guest Houseにおけるチャリティーコンサート、軽井沢ルヴァン美術館でのコンサートの他、各地での演奏、文化講演、後進の指導にあたる。これまでに、草川宣雄、田崎悦子、宮崎和子、楊麗貞、各氏に師事
http://aeka-pf.com/ CD販売 最新トピックス

尾見 林太郎

ピアノ
武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独。国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、コンラート・リヒター氏のもとでピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年、ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、アマデウス・ウェーバージンケ氏よりバロック音楽の解釈と奏法を学び、タマーシュ・バシャーイ氏、マルクス・トーマス氏より演奏指導を受け、さらに研鑽を積む2006年8月、12年間生活したドイツより帰国し、拠点を日本に。これまでにピアノを三木真弓、田邊融、渡邊規久雄、エルジェーベト・トゥーシャ、コンラート・リヒター、アマデウス・ウェーバージンケ、タマーシュ・バシャーイ、マルクス・トーマスの各氏に師事。2006年10月王子ホール、11月に音楽の友ホールでリサイタル開催。サロンでのトークコンサートも多数開催し、好評を博す。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。2007年9月ファーストアルバム【OMI SPIELT  DEUTSCH】をライズワンよりリリース。高い評価を受けている。2009年9月セカンドアルバム【BEETHOVEN LAST PIECES】をリリース。ベーゼンドルファーの音色を駆使し、音楽性をより深めたアルバムとなった。
http://rintaro-omi.com/ 最新トピックス

友清 麻樹子

ヴァイオリン
3歳からヴァイオリンを始める。4歳までドイツのケルンに、8歳までベルギーのブリュッセル在住。桐朋女子高等学校を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。在学中から、国内の音楽祭やマスターコースに参加。Thomas CHRISTIAN、Gerard POULET、Felix ANDRIEVSKY、Lewis CAPLAN、Sungsic YANGのレッスンを受ける。1996年、第1回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール、ジュニア・アーティスト部門入選。2001年、韓国、ソウルで行われた音楽祭に参加し、ファイナルコンサートにヴィヴァルディー「四季」のソリストとして出演。同年、第11回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門大学の部で審査員特別賞受賞。2002年、東京文化会館で行われた第17回オーケストラフェスティバルにおいて新日本交響楽団と共演、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏。2004年、平塚弦楽ゾリステンの10周年記念コンサートで、バッハのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏。2005年、東京にてデビューリサイタルを行う。2006年、トリトン・アーツ・ネットワークによるアドヴェントセミナーに参加。これまでにヴァイオリンをYuri BRAGINSKY、高橋孝子、江藤俊哉、江藤アンジェラ、田中千香士、篠崎史紀の各氏に、室内楽を山口裕之、藤井一興の各氏に師事。
最新トピックス

小関 郁 (こせき ふみ)

双子の姉妹・ヴァイオリン
5歳よりヴァイオリンを始める。2003年第13回日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位。2007年市川市文化会館新人演奏家コンクール優秀賞。2009年東京藝術大学卒業時に同声会賞を受賞し同新人演奏会に出演。第7回東京音楽コンクール入選。東京フィルハーモニー交響楽団と共演。藝大チェンバーオーケストラ定期演奏会において、ライナー・ホーネック氏の指導のもと、同オーケストラとハイドンの協奏交響曲を共演。国内外のマスタークラスに参加し、スチューデントコンサート等に出演。2010年より毎年リサイタルを開催している。室内楽ではカルテット・ヴェーネレとして2005年~2008年原村・リゾナーレ室内楽セミナーにて緑の風奨励賞、ハイドン賞を受賞。2006年ウィーン国立音大主催夏期国際アカデミーでArtis-Preisを受賞し、ORF(オーストリア放送局)にて行われた受賞者演奏会に出演。2007年松尾学術振興財団より第17回音楽助成金を受け、翌年マツオコンサートに出演する他、JTが育てるアンサンブルシリーズ、第33~37回藝大室内楽定期など多数の演奏会に出演。2009年リュミエール・トリオとして青森県立美術館チャイコフスキーピアノトリオオーディション第1位。2010年には仙台市及び青森県立美術館にて、2012年には岐阜県可児市にてリサイタルを開催。東京藝術大学付属高校、同大学を経て2012年同大大学院を修了。2011年度芸大弦楽科ティーチングアシスタント。2012年9月より東京交響楽団ファーストヴァイオリン奏者としての活動の他、東京・春・音楽祭など多くの演奏会に室内楽奏者・ソロ奏者として出演、後進の指導にもあたっている。ヴァイオリンを益田吾郎、吉村知子、松原勝也の各氏に、室内楽を岡山潔、山崎伸子、佐々木亮、松本和将、山本裕康の各氏に師事。
http://ameblo.jp/fumi-note-vn/ 最新トピックス

小関 妙 (こせき たえ)

双子の姉妹・ヴァイオリン
5歳よりヴァイオリンを始める。2000年全日本学生音楽コンクール東京大会中学の部入選。2003年日本クラシック音楽コンクール全国大会高校の部入選。2007年市川市新人演奏会オーディションにて最優秀賞を受賞し東京フィルハーモニー交響楽団と共演。2008年藝大奏楽堂モーニングコンサートにて藝大フィルハーモニアと共演。2009年第2回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第2位。プレッセンダを貸与される。東京藝大卒業時、同声会賞受賞。室内楽では2005年~2008年原村室内楽セミナー、リゾナーレ室内楽セミナーに参加し奨励賞、ハイドン賞受賞。2006年ウィーン国立音大主催夏季国際アカデミーにてArtis-preisを受賞。若い人のための「サイトウキネン室内楽セミナー」、プロジェクトQなどに参加。札幌六花亭期待の若手演奏家シリーズ、JTが育てるアンサンブルシリーズ、リゾナーレ高原音楽祭、藝大室内楽定期(第33~第35回)等に出演する。これまで益田吾郎、吉村知子、松原勝也の各氏に師事。その他霧島国際音楽祭等においてW・マルシュナー氏、ダニエル・ゲーデ氏、ジェラール・プーレ氏、ツェンコフスキー氏らマスタークラスを受講。室内楽を岡山潔、山崎伸子の両氏に師事。東京藝術大学附属高校、東京藝大を経て同大学院音楽研究科修士課程に在籍。2010年10月より、文化庁の新進芸術家海外派遣制度の研修員として、ドイツのニュルンベルク音楽大学に留学中。
http://ameblo.jp/taepy-musik/ 最新トピックス

宮澤 尚子(みやざわ なおこ)

声楽
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に松田トシ賞、アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。併せて第78回 読売新人演奏会、同声会新人演奏会に出演。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻を主席にて修了。武岡舞賞、大学院アカンサス賞を受賞。これまでに、芸術祭W.A.モーツァルト作曲オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルデリージ、ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィラ、ドンナ・アンナ、東京藝術大学定期オペラ『イドメネオ』エレットラ、『椿姫』フローラ、『ナブッコ』フェネーナ役で出演のほか、ベートーヴェン『第九』、『D-durミサ(ドヴォルザーク)』のソリストを務める。2012年4月には、イタリア・スポレート劇場Lirico Sperimentaleの研修に特別研修生として参加を認められる。イタリア各地でのコンサートに出演のほか、オペラ『椿姫』のアンニーナ役でスポレート、ローマなどウンブリア州各地の劇場で出演をした
最新トピックス

小林 大祐 (こばやし だいすけ)

声楽
東京芸術大学声楽科首席卒業。同大学院修士課程オペラ科修了。
これまでに高橋大海、伊原直子、直野資の各氏に師事。オペラでは『シモン・ボッカネグラ』『ファルスタッフ』『ジャンニ・スキッキ』等のタイトルロールをはじめ、『コシ・ファン・ トゥッテ』グリエルモ、ドン・アルフォンソ、『フィガロの結婚』フィガロ、伯爵、『セビリアの理髪師』フィガロ、『椿姫』ジェルモン、『カルメン』エスカミーリョ、『こうもり』アイゼンシュタイン等を演ずるほか、バッハ『カンタータ』、ベートーヴェン『第九』、ドヴォルザークのミサ曲等のソリストをつとめる。第14回コンセール・マロニエ声楽部門第一位。
http://ameblo.jp/cappuccilli/ 最新トピックス

市川 浩平 (いちかわ こうへい)

声楽
静岡県藤枝市出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に松田トシ賞、アカンサス音楽賞、同声会新人賞受賞。読売新人演奏会に出演。現在、同大学院音楽研究科声楽専攻3年に在籍。第39回イタリア声楽コンコルソ入賞。第15回コンセール・マロニエ21入賞。オペラでは、『コシ ファン トゥッテ』フェランド役、『こうもり』アルフレード役、第56回芸大定期オペラ『イル・カンピエッロ』ゾルゼート役を演じるほか、第59回「芸大メサイア」、『ミサブレイヴス』、『楽園とペリ』、シューベルトのミサ等、宗教曲でのソリストを務める。これまでに、藤井京子、多田羅迪夫、吉田浩之の各氏に師事。
最新トピックス
関口直仁

関口直仁 (せきぐち なおひと)

バリトン
岩手県出身。不来方高等学校普通科音楽コース、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。大学在学中より声楽家としてコンサートホールやレコーディングスタジオで活動をはじめる。「フィガロの結婚」「コシファントゥッテ」「椿姫」「ドン・パスクアーレ」「レクイエム」「メサイア」「第九」などオペラや宗教曲でソリストを務める一方で、2007年、2008年、2012年 小澤征爾音楽塾に合唱として参加、2010年新国立劇場地域招聘公演 札幌室内歌劇場「月を盗んだ話」などに参加し、研鑽を積む。子どもやファミリーを対象にした公演にも積極的に参加しており、「ラ・フォル ジュルネ・オ・ジャポン2012 キッズプログラム」や(財)北区文化振興財団主催「芸大と遊ぼう in 北とぴあ」シリーズなどへ出演し、井上あずみ、タケカワユキヒデと共演した。舞台での演奏活動のほか、TVCFやアニメ、映画音楽など多数のレコーディングに参加。村松玲子、三林輝夫、青島広志、福島明也の各氏に師事。浦安男声合唱団、桜門男声合唱団指揮者。OhMON CHORボイストレーナー。2012年第6回ホテルオークラ「第九」バスパートヴォイストレーナー。
また、蟹江杏(版画家)、石川浩司とのワークショップ「LA・TATAN舎のお絵描きサーカス団」、文科省復興教育支援事業として、NPO法人3.11こども文庫が企画・制作したアートパフォーマンス「桑の実が見る夢」では福島県伊達市の小学生とともに音楽劇を上演、その楽曲制作を担当。2012年より新宿クリエイターズフェスタ こどもアートプログラムにおいて音楽コンテンツをコーディネートするなど、幅広く活動している。
最新トピックス
平中麻貴

平中麻貴 (ひらなか まき)

ソプラノ
愛媛県立松山東高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽家卒業、同大学院修士課程独唱科修了。大学在籍中から学内、学外問わず数多くのコンサートに出演。
これまでに、オペラは「フィガロの結婚」スザンナ、「ドン・ジョバンニ」ツェルリーナ、「魔笛」夜の女王、「愛の妙薬」アディーナ等を演じる。第24回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール声楽部門最優賞受賞。日本声楽家協会講師。女声合唱団リベラ、コーロポポラーレ指導者、女声合唱団メルヴォイストレーナー。日本声楽アカデミー会員。聖徳大学音楽学部演奏学科講師。
最新トピックス
上地 結衣

上地 結衣 (かみじ ゆい)

車いすテニスプレイヤー
兵庫県出身。
先天性の障害を持ち、11歳から車イステニスをはじめる。
14歳にして全日本ランキングNo.1となる。
2008年から2011年にかけて全日本選手権4連覇を達成、現在も連覇記録継続中である。2012年、Australian Openより初めてGrand Slamに出場。
18歳にしてロンドンパラリンピック出場。全豪オープンテニスでダブルス優勝、シングルス準優勝。

2013年、マスターズシングルスで、オランダ人選手以外では初となる優勝。男子シングルスの国枝慎吾と史上初の日本人男女優勝であった。
2014年、全豪オープンダブルスでグランドスラム初優勝。仏オープンではシングルス・ダブルス優勝。ウィンブルドン(ダブルスのみ開催)でダブルス優勝。
グランドスラム3大会連続優勝を果たした。全米オープン(ニューヨーク)でもシングルス・ダブルスで優勝し、ダブルスで年間グランドスラム達成。
2015年、全豪オープンダブルスでグランドスラム連覇達成。車いすテニス世界ランキングシングルとダブルスと共に1位
最新トピックス

G.R.C.T  賛助会員 申込書


ご賛同、ご入会頂けます方は、下記にご記入頂き、演奏会当日受付にご提出下さるか、NPO法人 GRCT事業部まで、Fax又はご郵送下さい。またはこのフォームより送信していただくこともできます。

ご自分で特に応援したいと思う人の名前にチェックをお入れ下さい。 Dr.Honma’s Guest Houseで、現在応援している音楽家の名前です。 複数名でも結構です。

ご自分で特に応援したいと思う人の名前にチェックを入れて下さい。
小沢 真知子 尾見 林太郎 小野 哲也 小関 姉妹 小林 大祐 宮澤 尚子
城戸 春子 近藤 和花 友清 麻樹子 渡邉 麻子 市川 浩平 上地 結衣
Dr.Honma’s Guest Houseで、 現在応援している音楽家の名前です。
複数名でも結構です。
G.R.C.Tの趣旨に同意します。
おなまえ
ご住所
郵便番号
お電話番号
電子メールアドレス
メッセージ

(メンバー ニュースで応援する方の活動案内を 配信予定です)

お申し込み頂きました会員のお名前は、毎年、各音楽家へ支援金と共に通知させて頂きます。


<お振込み先>

三菱東京UFJ銀行 新松戸支店(638) 普通預金
口座番号  0325100
口座名   NPO法人 GRCT 理事長 本間憲章

お問い合わせ・お申し込みは右記までお願い致します。 〒270-0034 
千葉県松戸市新松戸4-101
NPO法人 GRCT事務局
TEL&FAX 047-340-3651

G.R.C.T. News